いろいろ保険相談比較センター > 保険相談に関するお役立ちコラム記事一覧 > 保険相談への不安や疑問 > 家計がピンチ!保険で金欠になっていませんか!?

家計がピンチ!保険で金欠になっていませんか!?

「毎月の保険料の支払いが大変で、気づいたらほとんど貯蓄に回せていない・・・」

もし家計がそんな状況なら、《ヤバい状況》と言えるでしょう。。
「最悪、保険だけでも払えていれば、貯蓄がなくても(贅沢はできないけど)リスクは減らせているからしょうがないかな。。。」
そう考えている方は、もしかしら大きな損をしてしまうかもしれません。
「貯蓄」と「保険」のバランス。これは表裏一体で決して切り離して考えられるものではありません。「保険」を優先し、余ったら「貯蓄」という考えは今すぐやめましょう。
同じ収入の中で、より上手に楽しくお金を使える方法を一緒に見ていきましょう。

◯必要な保険は貯蓄額と連動している!
まず大前提として、保険って貯金と連動しているんです。同じ家族構成、同じ年齢、同じ健康状態、同じ収入の2家族があったとしても、貯蓄額が異なると必要となる保険はまったく違って来ます。
なぜかといえば、それは《お金のリスク》が異なるから。
保険はリスクに備えるものなので、リスクが異なれば当然保険も変わってきます。
極端に言えば、一方は1000万の貯蓄があり、一方は10万の貯蓄の場合、80万円の入院費が家計に与えるピンチ度は全く違ってきます。

◯お金のリスクを減らす=貯蓄を増やす、という基本原則
リスクが大きい、リスクが小さい
どちらがいいかと言えば、もちろんリスクは小さい方がいいですよね。

ではリスクをどうカバーすればいいか。みなさんにクイズです。
①保険でなるべくリスクをカバーし、足りない場合、貯蓄で補填する
②貯蓄でなるべくリスクをカバーし、足りない場合、保険で補填する
どちらでしょうか。

少し考えてみましょう。
例えば100円のコップを割ってしまった!というリスクを「保険で賄おう」と思う方はほとんどいないと思います。
つまり、自分の財布で賄えるリスクは自分で賄う、が基本なんです。
でも、それを超えてしまうような大きなリスクはどうにもなりません。
対人事故を起こしてしまい、2,000万円の賠償が必要となった。大黒柱の自分が死亡してしまった場合、残された家族を養っていくお金を残さないと行けない。
など、財布のお金ではどうにもならない自体がもしかしたら人生に起こるかもしれない。
そのようなリスクに保険をかけるのです。

つまり、基本的な考え方は②なのです。
貯蓄が多ければ多い程、リスクと感じる事態そのものを減らすことが可能なのです。

つい、保険であれもこれもカバーし、保険でまかないきれない入院費や教育費は自分でなんとかしよう、と考えているのであれば、それは本末転倒です。
保険会社の思うつぼ、な思考です。

◯保険料を支払い続けて、貯蓄が増えないという異常事態
貯蓄を増やし、お金のリスク事態を下げていきたいのに、
貯蓄が増えず、リスクはずっと大きいままで、いつまでも大きな保険に入り続けないといかない状況が続き、その高い保険料を支払うかた貯蓄が増えない。。
そんな負のスパイラルに陥っているなら、またそれは負のスパイラルだと気づいていない場合は、今すぐその状況から脱する手だてを考えましょう。

保険が対処療法であることに対し、貯蓄は原因療法の一つである

ということを今一度認識することが重要でしょう。

◯収入が増えないのに、貯蓄を増やせるの?
収入が増えないのに、貯蓄するなんて無理。今の生活レベルを下げたり、無理矢理切り詰めた生活もしたくない!
そう思うのは、みなさん共有な思いかもしれません。
ただ、ちょっと待って下さい。

保険料を含めた無駄な支出を貯蓄にスライドさせることが出来たら、嬉しいと思いませんか?

◯家計のプロに相談しよう
扶養な保険プランや特約などを外し、保険を最適化。浮いたお金を貯蓄に回す計画をきちんと立てることで、将来的に保険に頼る割合を減らし、いつでも好きに使える貯蓄を増やすことでリスクと感じること事態を減らしていく。
そんな家計の将来設計をプロとして仕事にしているのがファイナンシャルプランナー(
FP)さんです。
専門的な知識を数年も勉強し、さらに多くの家庭の実際の家計の改善に日々何年も取り組んでいる経験豊富なFPさんに、あなたも家計見直しを相談してみてはいかがでしょうか?

今なら、通常数万円かかる相談が“無料”で可能で、しかも商品券をもらえたり、キャッシュバック特典があるオススメのサービスが出て来ています。

貯蓄を増やせる体制づくりを今すぐ相談して、商品券をゲットしましょう!

コラムのまとめ

  • 本当に必要十分な保険に入っているかどうか、はリスクを見極められているかどうか、に掛かっている!
  • 貯蓄と保険の2つのバランスの最適化を意識しよう!
  • 保険を見直して、スリムな保険にしたら、毎月の保険料負担が軽くなるかも!
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Copyright© いろいろ保険相談比較センター