いろいろ保険相談比較センター > 保険相談に関するお役立ちコラム記事一覧 > 保険相談への不安や疑問 > あなたはどのクラス?健康状態と保険料の気になる関係

あなたはどのクラス?健康状態と保険料の気になる関係

健康な方が、保険料は安い。 この当たり前な真理はだれでも知っていると思いますが、では健康ではない状態はどのように定義され、また保険料や、支払いにどの程度影響するのか、もう少し深くみてみたいと思います。

◯健康状態が悪くても保険料を抑えられないの?
多少健康状態が悪くても、保険料をそこまで変えなくてもいいのに。
そう思う方も少ないないかもしれません。
でも、もし本当に保険料を上げなかったらどうなるでしょうか?
保険は「相互扶助」つまり、お互いに助け合ってリスクを分散しよう、というものです。保険会社がいることでその本質が見えづらくなっていますが、基本的に保険の加入者同士がお互いにお互いを支え合っているのです。
だから、その輪の中に、健康などのリスクが高い方が入ると、加入者全体のリスクが上がるためその分、全員が保険料を上げないといけなくなってしまうのです。

だから保険会社は客観的な判断に基づいて、加入者のリスクを見極めて、加入者全体が納得できるように、リスクが高い人には少し高めに、そうでない方には安く、とバランスをとっているのですね。

◯実際どのくらいの違いがあるの?
保険会社の商品によっても異なりますが、例えば、メットライフ生命のプランで見ますと、タバコを吸っていない健康的な男性は、標準的な方よりも、半額以下に保険料が抑えられる、というケースもあるようです。
倍も違う、となると、もっと健康でいなくては!という気分になりますね。

◯どうやって、健康状態を申告するの?
細かくは保険のプランや会社によっても異なりますが、基本的には「告知書」というものを記載して提出します。
告知は、保険の代理店の担当者や保険会社の営業の方に伝えても、告知の義務を果たしたことにはならないことに注意が必要です。告知書を元に、指定の医師に話すことが基本になります。
また、この際、告知漏れがあると、保険金を受領出来ない、などを取り返しのつかない結果となってしまいますので、告知内容は正直に間違いなく申告しましょう。

◯告知内容に不安がある方は
最近では、年齢が高い方や、持病を持った方、また障がいがある方でも加入できる保険も出ております。
保険加入を諦めたり、高額な保険料を払っている方は、ぜひプロに相談して、保険を見直してみてはいかがでしょうか。

コラムのまとめ

  • 公正性の視点から、やはり健康状態でリスクが高い人の保険料は高くなってしまう。
  • それども告知書は正確に提出しないと、保険料の高い安いではなく、全てが無効で無駄なお金に!
  • 健康に不安がある人も諦めずに、FPさんに相談してみよう!最新の商品では幅広く保障してくれます。
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Copyright© いろいろ保険相談比較センター