いろいろ保険相談比較センター > 保険相談に関するお役立ちコラム記事一覧 > 保険相談への不安や疑問 > 《初心者向け!保険の基礎講座》保険金と給付金の違い

《初心者向け!保険の基礎講座》保険金と給付金の違い

保険って、無駄には払いたくないけど、やはり戻ってくるお金は大きければ大きい程嬉しいもの。

金額が大きいことも多い保険において、戻ってくるお金を勘違いしていると、人生設計に大きく影響してしまうこともあります。
本記事では、保険で戻ってくるお金、つまり給付金と保険金について学んで参りたいと思います。
「呼び方はなんでも、別に戻ってくればいいじゃないか」
と考えている方がいたら、ちょっと待って下さい。」
自分が加入する保険を理解する上で、この用語の理解があやふやだと、自分ではもらえると思っていたのに、保険からお金がでない!なんて事態に陥ってしまうかもしれません!? しかも、「死亡給付金」という名前だけど実際は「死亡保険金」のことだったりと、トラップのような商品名も見受けられます。この記事をきっかけに、自分でしっかり考えられるようにしておきましょう。

保険金と給付金の違い

まず、大枠でのイメージを掴むために、誤解を恐れずものすごくざっくりいってしまいますと、
生きている時に受け取るお金を給付金、亡くなった時にもらうお金が保険金です。
入院やケガなどで支払われるお金が給付金、被保険者が死亡した際にでる死亡保障が保険金、です。
まずはこの分け方をベースに、以下詳細を見てみて下さい。

保険金は基本的に1回

保険金とは契約している保険の被保険者が
 1、亡くなった場合
 2、高度障害状態になった場合
 3、上記2つの状況にならずに満期まで生存した場合
の3パターンいずれかの場合に、生命保険会社から受取人に支払われるお金のこと。
なお、通常、保険金が支払われると保険契約は解消されてしまう1回性のものです。

給付金は生存期間中に受け取るもの

被保険者が入院・手術したときなどに生命保険会社から受取人に支払われるお金。
つまり、生きている間に受取る保険金のことを、給付金といいます。
最近では、ガンと診断された場合に支払われる「がん診断給付金」として「一時金」名目で受け取ることができるタイプの保険も増えています。

契約時に気をつけること

給付金の条件と保険金の条件、いずれも保険には記載されています。単純に、どちらももらえると考えていると、勘違いを起こして染まします。給付金で賄われた場合、保険金が減少したり、なくなってしまうようなケースも見受けられます。
加入時には、最大の給付金額、最大の保険金額だけではなく、実際のバランスやケースバイケースでの想定金額をファイナンシャルプランナーさんに相談しながら、確認して加入することをオススメします。

受け取り時に気をつけること

給付金と保険料で異なる点として、最も重要なことの1つが課税のされ方がちがう、ということ。
満期や死亡保険金の場合、贈与税や相続税が課税されます。
一方、給付金の場合、受取人の条件の制約はあるものの、基本的には非課税扱いとなります。ですが、所得税の対象にはなります。

まとめ

保険金と給付金は異なるものと認識し、加入時の条件の理解や、受け取り時の課税に関して注意して対応することが必要です。
ただ、保険会社によっては、この2つの支払いについての相互条件が複雑だったり、名称がややこしかったりいたしますので、ファイナンシャルに無料で相談してみて下さい。
今なら、キャッシュバックや商品券プレゼントのキャンペーンも実施されています。実績と利用者満足度で評価が高いところを厳選して紹介しておりますので、ぜひ確認してみて下さい。

コラムのまとめ

  • 保険金と給付金、あやふやなままにせずにその違いをしっかりと理解しましょう。
  • 勘違いして受け取れなかった!などの事態にならないようにファイナンシャルプランナーに相談しよう。
  • 課税方法も変わってくるので、受け取る際も相談されるといいでしょう。
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Copyright© いろいろ保険相談比較センター