いろいろ保険相談比較センター > 保険相談に関するお役立ちコラム記事一覧 > 保険相談への不安や疑問 > あなたの先入観が敵!その保険、本当は損していませんか?

あなたの先入観が敵!その保険、本当は損していませんか?

長年放置されている保険、最近の保険商品に比べて割高ではありませんか? 医療保険として、もっとも安い価格帯だ!と思っていても、そもそもその保障って必要ですか? 損しないように、と考えているけど実際には何十万も損していませんか? あなたの保険の知識が、保険会社から提供されたものであれば、その“常識”自体を疑ってみる必要があるかもしれませんね。

◯家計の中で見直すなら保険料を狙おう!
家計の大部分を占める家賃(ローン)や食費はなかなか下がらない、どころか、野菜も値上がりし、消費税は上がり、とどんどん家計を圧迫してきますね。ところが、保険料を見てみて下さい。保険料は値上がりしないどころか、毎年新規参入や医療の進歩に伴う新商品開発などにより、価格が下がったり、同程度の価格でもより魅力的な商品が登場したりと、消費者にとって嬉しい進化が毎年続いているんです。
せっかく、よりお得な保険が現れているのに、利用しない手はないですね!

保険料が占める割合も家計では無視出来ない額だと思いますので、スーパーのチラシをみるよりも、今すぐ保険内容をチェックしましょう。

◯あなたや家族のニーズも変化している。
3年前のあなたは、今のあなたや家族の現在が見えていたでしょうか?未来は長ければ長い程、不確定要素は増え、リスクは多い傾向にあります。
保険に加入したり、見直してから、年数が経っている場合、考えていたリスクや貯金の金額などに変化は出て来ていませんか?
保険の変化だけではなく、あなたの経済力や健康状態によっても最適な保険は変わってきますので、改めて、「どんなリスクに備えておきたいのか」を考えてみてはいかがでしょうか?

◯保険はコストと保障のバランス
なんとなく医療保険に入っていたら、入院しても安心。終身保険に入っていたら、葬式や老後も安心。などなど、当たり前に考えておりませんか?
でも、その考えで数十万も損しているとしたら、どうでしょう。保険で家計を助けるはずが、本末転倒だと思いませんか?
当たり前過ぎて、疑わないところに大きな無駄が潜んでいるかもしれません。
一度、経験豊富で公正なファイナンシャルプランナーさんを交えて、この医療保険はなににいくら掛かることを想定して保険料を払っているのか、終身保険に今からいくらかけていくのか、客観的に見てみると意外な事実が見えてくるかもしれません。

本当のリスクを見極める。

それが保険を見直す第一歩になるはずです。

コラムのまとめ

  • 家計を見直すなら、食費よりもまずは保険料を見直そう!
  • 一度きっちり見直したらもう大丈夫!ではありません。定期的な見直しをしよう。
  • 客観的なプロ(ファイナンシャルプランナー)に相談したことはありますか?ないなら今すぐ!
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Copyright© いろいろ保険相談比較センター