いろいろ保険相談比較センター > 保険相談に関するお役立ちコラム記事一覧 > 様々な保険の種類 > 《初心者向け!保険の基礎講座》保険の3つの基本形を知ろう

《初心者向け!保険の基礎講座》保険の3つの基本形を知ろう

保険に関する用語が多過ぎて、なにが基本なのかよくわからない。という方に向けて、まずはこの3つの基本型を理解するところから保険の世界に入っていただきたい!
保険の幹に当たるような基本系を理解してから、各社商品を比較したり、過不足するリスクや補償を、特約などのオプションでカバーしていくという流れで必要な保険にたどり着いて頂ければと思います。

◯保険の基本の形!3パターンをご紹介
複雑で多岐に渡る保険も、この3つの基本タイプを知っていれば、理解できるようになります。
自分や、自分の家族がまずはどのパターンの保険を必要としているのか。基本形から設計をスタートしてみましょう。

生命保険の基本形
①定期保険・・・いわゆる掛け捨て保険。保障の期間が決まっている。保険料が割安。
②終身保険・・・寿命が伸びた高齢化社会に対応した一生涯保障される保険。保険料は割高。
③養老保険・・・定期保険と同様期間が決まっている。違いは満期を迎えた場合に死亡補償額と同じ金額がもらえること。貯蓄型であるため、保険料は最も割高。

◯もう少し詳しく!3パターンを紹介します。
①定期保険
60歳まで、とか20年間、など期間を決めて、その間に死亡した場合に死亡保障がでます。
子どもが独り立ちするまで、とか、年金等の他の安定的な収入が確保できるまでのリスクを減らす、本来の純粋なる保険として機能するのがこの定期保険です。
貯蓄性はなく、もし万が一のことがなければ、基本的には特になにも帰ってきません。
シンプルにリスクに対応しておきたい、と考える方は、この定期保険を検討してみてはいかがでしょうか。

②終身保険
「死ぬまで一生涯」というフレーズがわかりやすいですね。期間に制限がなく、一生もらえる、という点が嬉しいところ。例えば、葬式の費用などは保険で賄いたい、という方にも人気があります。
定期保険とは異なり、戻ってくるお金はあり、保険の加入期間が長ければ長い程(長生きすればする程)戻ってくる金額は増えていきます。通常は保険料の払い込み期間が終了した時期くらいから、支払った保険料の累計を上回る返戻金が発生します。※とはいえ、死亡した場合の死亡保障額よりも下回ります。
高齢化社会において、ニーズが高まっている保険です。

③養老保険
定期のように期間は決まっているものの、死亡した場合も生きて満期を迎えた場合でも同じ金額がもらえる、ということから、リスクに備えつつ、無事に満期を迎えたら、大きなお金が返ってくるという嬉しさもある保険です。
まさにリスクに対応する仕組みがついた貯蓄、のようなイメージ。
ただ、現在は、保障は定期付き終身保険、資産運用は変額年金保険などにシフトしていってしまっています。

コラムのまとめ

  • 保険には3つの基本系がある。保険の「保障期間」と「お金が戻ってくるのか」でまずは分類しよう。
  • リスクに対応しておきたいのか、貯蓄もしたいのか、を考えよう
  • 上記を踏まえて、定期保険か、養老保険か、終身保険の希望を伝えよう!
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Copyright© いろいろ保険相談比較センター