いろいろ保険相談比較センター > 保険相談に関するお役立ちコラム記事一覧 > 様々な保険の種類 > 実費タイプの医療保険 ライフネット生命「じぶんへの保険プラス」

実費タイプの医療保険 ライフネット生命「じぶんへの保険プラス」

実費タイプの医療保険を紹介しています。
今までソニー損保「Zippi」とネオファースト生命「ネオdeちりょう」を紹介しました。
今回は、ライフネット生命「じぶんへの保険プラス」を紹介します。
公的健康保険の適用される医療費には、月額の自己負担に上限のある「高額療養費制度」と年齢により変わる「自己負担割合」についても説明してきました。
自己負担の月間、医療費は数十万円あるいは100万円以上になっても多くは2万5千円ぐらいから14万円ぐらいで収まります。
そう高額にはなりませんが、長い入院期間には負担が重くなります。
また、先進医療は健康保険の対象外のため、全額が自己負担となります。
実費タイプの医療保険は、この自己負担分の医療費や先進医療の自己負担に備えることができます。

高額療養費制度がありますが、医療機関の窓口で一旦自己担分の医療費の全額を支払い、その後申請することにより上限額を超えた金額が還付されます。
このため、後から還付されますが、窓口の支払いに高額の金額の用意が必要です。
限度額適用認定書を申請してもらっておくと、上限額を超えた医療費の支払いが不要になります。

 

限度額適用認定書

医療費の支払いが高額になった場合は、後から申請することにより自己負担限度額を超えた分が高額療養費制度により還付されます。
しかし、還付される金額も含めて自己負担分の月額医療費を全額納める必要があり大きな負担になります。

このようなときに事前に健康保険限度額適用認定申請書を健康保険組合(あるいは協会けんぽ)や市町村窓口に申請すると限度額適用認定書が送られてきます。

限度額適用認定書と健康保険証を窓口に提示すると月間の医療費の支払額が自己負担限度額までになります。

 

ライフネット生命定期療養保険「じぶんへの保険プラス」(がん・先進医療保障付き)

「じぶんへの保険プラス」は、以下の特徴を持つ保険です。

 

自己負担額の給付

入院とその前後の通院も含めた自己負担額(高額療養費制度による自己負担限度額まで)を保障します。

  • 1ヶ月10万円を限度に入院療養給付金(月額給与81万円未満方の限度額に相当)
  • 入院前後の通院に1ヶ月5万円を限度に外来療養給付金

 

がん治療給付金

以下のがん治療給付金を通算2,000万円まで何度でも受け取れます。

  • 初めてがんと診断されると一時金100万円
  • 一時金を受けて1年後以降のがん治療を受けると一時金100万円

このがん治療給付金は、以下のような費用をカバーできます。

  • 入院諸雑費
  • 家族のお見舞い交通費
  • 休職中の生活費や資金など

 

先進医療費給付金

先進医療は、全額自己負担になります(健康保険の適応外なので高額療養費制度は使えません)。

先進医療費給付金は、自己負担した額と同額の支払いを通算最大2,000万円まで受けられます。

先進医療には、以下に示すような高額な技術料があります(1件あたりの平均額)。

  • 多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術:50万5,218円(年間9,8777件)
  • 陽子線治療:268万804円(年間3,012件)
  • 重粒子線治療:308万6,340円(年間1,889件)

 

保険料の目安

保険期間10年のケースで月額保険料の目安は、以下になります。
60歳まで加入できます。

  • 20歳男性で1,197円、女性で1,473円
  • 30歳男性で1,499円、女性で2,207円
  • 40歳男性で2,508円、女性で3,371円
  • 50歳男性で4,855円、女性で4,790円
  • 60歳男性で9,627円、女性で6,772円

 

コラムのまとめ

  • 「じぶんへの保険プラス」は自己負担額を0にする実費タイプの保険です
  • 先進医療技術料への備えも最大2,000万円までカバーできます
  • がんで最大2,000万円まで一時金給付がありがんに重点を置いた保険です
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Copyright© いろいろ保険相談比較センター