いろいろ保険相談比較センター > 保険相談に関するお役立ちコラム記事一覧 > 様々な保険の種類 > 実費タイプの医療保険 ネオファースト生命「ネオdeちりょう」

実費タイプの医療保険 ネオファースト生命「ネオdeちりょう」

前回入院治療費の自己負担分をカバーする医療保険を説明して、ソニー損保の「Zippi」を紹介しました。
今回、同じタイプの保険であるネオファースト生命「ネオdeちりょう」を紹介します。
月額の自己負担額には、収入に応じて上限額が決まっています。
前回、自己負担額の上限を超えると超えた分が還付される高額療養費制度を説明しました。
自己負担額は通常公的医療保険の医療費の3割ですが、70歳を超えると収入により減額されます。

 

自己負担割合

医療費の自己負担割合は、通常3割ですが年齢により以下にかわります。

  • 70歳未満は3割(義務教育就学前の6歳未満は2割)
  • 70歳から74歳までの一般・低所得者は2割
  • 70歳から74歳までの現役並み所得者は3割
  • 75歳以上の一般・低所得者は1割
  • 75歳以上の現役並み所得者は3割

現役並み所得は、国民健康保険の場合で年収約370万円以上(課税所得145万円以上)です。

 

「ネオdeちりょう」

「ネオdeちりょう」は、入院中や手術時の医療費の自己負担額をカバーする保険で自己負担額がなくなり0円になります。
「ネオdeちりょう」の特長を以下に示します。

 

自己負担額の給付

健康保険の医療費の自己負担額に応じた給付金が支払わられます。
自己負担割合に応じて、以下を選択できます。

  • 自己負担割合3割はⅢ型(入院・外来手術の診療報酬点数*3円を給付)
  • 自己負担割合2割はⅡ型(入院・外来手術の診療報酬点数*2円を給付)
  • 自己負担割合1割はⅠ型(入院・外来手術の診療報酬点数*1円を給付)

 

一時金の給付

日帰り入院を含め、入院日数に関係なく、入院したら入院治療一時金が給付されます。
支払い回数は、通算で50回までです。

 

無事故給付金

保険期間満了時まで入院治療一時金の支払いがない場合に、更新ごとに入院治療一時金と同額の無事故給付金が給付されます。

 

オプション

上の3つは基本保障で以下のオプションをつけることができます。

  • 先進医療特約(支払い上限額は通算で2,000万円)
  • 特定疾病(ガン・急性心筋梗塞・脳卒中)保険料払込免除特約

 

給付金と保険料の目安

給付金と保険料の目安を以下に示します。

 

給付金の例

保険料に相当する給付金の例を示します。

  • 支払い月額限度額:20万円(高額療養費制度でほとんどはこの額に収まります)
  • 入院治療一時給付金:5万円
  • 先進医療特約付
  • 特定疾病保険料払込免除特約あり
  • 加入年齢は6歳〜85歳
  • 10年更新(91歳を超えると保険期間・保険料払込期間終身)

 

保険料の目安

上記内容での月額保険料目安を示します。

  • 20歳男性は1,764円、女性は2,019円
  • 30歳男性は2,126円、女性は2,722円
  • 40歳男性は3,191円、女性は3,519円
  • 50歳男性は5,777円、女性は4,878円
  • 60歳男性は10,695円、女性は7,129円
  • 70歳男性は15,426円、女性は9,834円
  • 80歳男性は14,736円、女性は10,141円

 

コラムのまとめ

  • 「ネオdeちりょう」は自己負担額を0円にする実費タイプの保険です
  • 6歳〜85歳まで加入でき保険料払込期間・保険期間は終身です
  • 先進医療特約と特定疾病保険料払込免除特約をオプションで付けられます
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Copyright© いろいろ保険相談比較センター