いろいろ保険相談比較センター > 保険相談に関するお役立ちコラム記事一覧 > ライフステージごとの保険相談 > 「認知症に備える保険」太陽生命と朝日生命から発売

「認知症に備える保険」太陽生命と朝日生命から発売

認知症を原因とする介護は、他の原因とする介護に比べて付き添いや見守りが必要で経済的負担が多いと言われています。
このため、介護保険のサービスを補う目的で、認知症に備える民間保険が注目されています。
今回は、以下に示す2つの保険について保障内容や保険料などを紹介します。
  • 太陽生命「ひまわり認知症治療保険」
  • 朝日生命「あんしん介護認知症保険」

太陽生命「ひまわり認知症治療保険」

 

ひまわり認知症治療保険の特長

以下の特長があります。

  • 健康に自信のない方や過去に病気やケガをしていても加入可能
  • 脳の組織の変化による器質性の認知症を保障

器質性認知症は、アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、パーキンソン病の認知症、
クロイツフェルト・ヤコブ病の認知症などです。

  • 7大生活習慣病を保障

7大生活習慣病は、がん、心・血管疾病、脳血管疾病、糖尿病、高血圧性疾患、肝疾患、痔疾患です。

  • シニアがなりやすい老人性白内障、熱中症、脊椎障害を保障
  • 女性特有の病気も保障

女性特有の病気は、子宮筋腫、慢性関節リュウマチ、卵巣腫瘍、胆石症、鉄欠乏性貧血、乳腺症、甲状腺機能亢進症などです。

  • 要介護の原因になりやすい事故や転倒による骨折、骨粗しょう症による骨折を保障

 

保障内容

以下の保障があります。

  • はじめて所定の認知症になり180日間継続すると認知症治療給付金が300万円
  • 上記疾病で1日以上入院すると入院一時金が5万円
  • 上記疾病で所定の手術を受けると手術給付金が10万円(外来で受けると5万円)
  • 上記疾病で放射線治療を受けると放射線治療給付金が1回につき10万円
  • 骨折と診断され治療を受けると骨折治療給付金が1回につき10万円

以下に注意が必要です。

  • 加入1年未満の給付金は不慮の事故による場合を除き半額
  • 健康に自信のない方や過去に病気やケガをしていても加入可能ですがその分保険料は割高

 

保険料の目安

保険期間10年の場合の月額保険料の目安は、以下になります(年齢は加入年齢です)。

  • 45歳:男性は2,193円で女性は2,513円
  • 50歳:男性は2,518円で女性は2,940円
  • 55歳:男性は3,042円で女性は3,537円
  • 60歳:男性は4,074円で女性は4,738円
  • 65歳:男性は5,798円で女性は7,001円
  • 70歳:男性は8,174円で女性は10,470円

 

保険期間・保険料払込期間が終身の場合の月額保険料の目安は、以下になります。

  • 45歳:男性は4,230円で女性は6,231円
  • 50歳:男性は4,897円で女性は7,276円
  • 55歳:男性は5,671円で女性は8,654円
  • 60歳:男性は6,862円で女性は10,197円
  • 65歳:男性は8,606円で女性は12,872円
  • 70歳:男性は10,499円で女性は16,295円

 

朝日生命「あんしん介護認知症保険」

 

あんしん介護認知症保険の特長

以下の特長があります。

  • 給付は公的介護保険に完全連動
  • 要介護1以上でその後の保険料の払込免除
  • 年金型と一時金型を選択(両型に加入できます)
  • 一生涯保障の終身型も準備
  • 負担の大きい認知症を手厚く保障

 

保障内容の例

以下の保障があります。
年金型は、公的介護保険制度認定機銃に応じて年金が一生涯給付されます。

  • 要介護1:20万円
  • 要介護2:30万円
  • 要介護3:40万円
  • 要介護4:50万円
  • 要介護5:60万円

 

一時金型は、要介護3以上で一時金300万円が給付されます。
要介護1以上で保険料の払込は、免除されます。

 

保険料の目安

年金・一時金型と介護・認知症介護をあわせた以下の4つを選択できます(必要に合わせて同時選択できます(いずれも返戻金なし型です)。

  • 5年ごと利差配当付介護終身年金保険:要介護ごとに年金20万円〜60万円
  • 5年ごと利差配当付介護一時金保険:要介護3以上で一時金300万円
  • 5年ごと利差配当付認知症介護終身年金保険:要介護ごとに年金20万円〜60万円
  • 5年ごと利差配当付認知症介護一時金保険:要介護3以上で一時金300万円

5年ごと利差配当付は、5年ごとに通算して剰余が生じた場合、配当金として5年ごとに分配する仕組みの保険です。
介護型が基本で認知症介護型を追加できます。

 

介護タイプの月額保険料の目安は、以下になります(年齢は加入年齢で、かっこ内は女性)。

  • 45歳:年金型は4,170(6,810)円で一時金型は2,184(2,604)円
  • 50歳:年金型は4,920(8,250)円で一時金型は2,721(3,258)円
  • 55歳:年金型は6,054(10,362)円で一時金型は3,498(4,200)円
  • 60歳:年金型は7,770(13,488)円で一時金型は4,650(5,586)円
  • 65歳:年金型は10,596(18,426)円で一時金型は6,474(7,758)円
  • 70歳:年金型は13,752(24,228)円で一時金型は8,784(10,653)円

 

認知症介護タイプの月額保険料の目安は、以下になります(年齢は加入年齢で、かっこ内は女性)。

  • 45歳:年金型は3,234(5,196)円で一時金型は1,596(1,893)円
  • 50歳:年金型は3,918(6,414)円で一時金型は2,010(2,388)円
  • 55歳:年金型は4,914(8,136)円で一時金型は2,604(3,081)円
  • 60歳:年金型は6,342(10,560)円で一時金型は3,465(4,077)円
  • 65歳:年金型は8,436(14,142)円で一時金型は4,758(5,586)円
  • 70歳:年金型は11,406(18,906)円で一時金型は6,669(7,740)円

 

コラムのまとめ

  • 認知症を原因とする介護は、経済的負担が大きくなります
  • ひまわり認知症治療保険は、加入しやすいのと疾病の保障があります
  • あんしん介護認知症保険は、年金型と一時金型をダブルで選べます
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Copyright© いろいろ保険相談比較センター