いろいろ保険相談比較センター > 保険相談に関するお役立ちコラム記事一覧 > 保険相談の最新記事 > 保険料の一時払いってどんな時にいいの?

保険料の一時払いってどんな時にいいの?

保険に加入すると保険料を支払いますが、その支払方法はいくつかある中から適したものを選ぶことができます。最も利用者が多いのが月払いで、年払いや一時払いというものもあります。一時払いとは、契約をするときに全体の保険料をすべて一括で支払うこと。保険料を一時払いするのには、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

保険料一時払いのメリット

保険料を一時払いすることのメリットのうち、最も分かりやすいものは、保険料が割安になるということでしょう。
月払いや年払い、前納払いに比べて総支払額が安くなります。
月払いや年払いをしていると、途中で他の保険に乗り換えるために解約してしまう人もいます。
一時払いならそういったこともないため、保険会社も安く販売しているのです。

 

また、被保険者が亡くなってしまった場合、財産は家族などに相続されます。
相続された財産には財産相続税が課税されるのが普通で、もし1000万円財産を受け取るのなら、1000万円に対して相続税がかかってきます。
しかし、死亡保険金には相続税非課税限度額という非課税枠があり、被保険者が支払った保険料に関しては、500万円×相続人数分は非課税となります。
つまり、1000万円預金があるなら1000万円の終身保険に一時払いで加入しておけば、相続税が節税できることになります。

 

保険料一時払いのデメリット

保険料の一時払いはメリットばかりではありません。
また、保険料を一時払いしてしまうと、例えば途中で保険を解約した場合や保障期間に亡くなってしまった場合、それまで支払った保険料は返還されません。
それから、生命保険料の控除が一時払いした最初の年しか受けられないというデメリットもあります。

 

一時払いと全期前納の違いに注意

一時払いと似たような支払方法で、全期前納払というものがあります。
はじめに一括で保険料を支払うことは同じですが、全期前納払は保険料を保険会社に預ける形になります。
預けたものから毎月支払いがされていくので、途中で解約した場合は残りの保険料は返還されます。
しかし、一時払よりは保険料が割高に。
一時払のみで全期前納払の取り扱いがないなど、保険会社によって支払方法は異なってきますから、契約前にしっかり把握しておきましょう。

コラムのまとめ

  • 一時払は保険料が安くなるメリットがあります。
  • 一時払は解約した場合や死亡した場合、以降の保険料が戻らないデメリットもあります。
  • 死亡保険金には相続税非課税限度額という非課税枠があり相続税を節税できます。
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Copyright© いろいろ保険相談比較センター