いろいろ保険相談比較センター > 保険相談に関するお役立ちコラム記事一覧 > 様々な保険の種類 > 非喫煙者に保険料割引 アフラック「GIFT」

非喫煙者に保険料割引 アフラック「GIFT」

非喫煙や健康体を維持する健康生活を送ると保険料が安くなる保険が増えています。
以前、実年齢でなく健康年齢で保険料が決まる健康な人ほど得する保険料「健康年齢で保険料がきまる医療保険を紹介しました。
ここで使われている健康年齢は、膨大な(160万件を超える)「医療データ」をもとに、故人の総合的な健康状態を年齢で表した指標です。
実年齢と健康年齢を比較することで、実年齢よりも健康年齢が若いと健康状態がよいなど各個人の健康状態を知ることが出来ます。
また、健康状態により保険料を節約できる保険について健康を維持して生命保険料を節約で紹介しています。

今回は、2017年3月から発売されたアフラックの非喫煙者に保険料割引のある収入保障保険「GIFT」を紹介します。

 

収入保障保険

収入保障保険は、生命保険の一つで死亡など万が一のときに保険金全額を一時金で受け取るのではなく、給与のように月々に受け取る保険で以下のメリットがあります。

  • 保険金を給与のように月々受け取るので一時金に比べると管理が容易で生活しやすい
  • 一時金で受けとる通常の生命保険に比べると相対的に保険料が安い
  • 保険料が相対的に安いので、保険料を増額してより手厚い保障ができる

 

保険開始時から保険期間、一定の保険金を年金形式で受けとるので、期間が経つと受けとる総額は減少していく掛け捨ての保険です(月々の受給額は一定で、受けとる期間が減少)。

 

収入保障保険「GIFT」

「GIFT」は、以下の特徴のある保健です。

  • 万が一のことがあると、家族は毎月年金を受給
  • 保険期間は50歳満期〜80歳満期までを選択
  • 基準年金額は月額10万円から選択(最低支払保証2年、6年)
  • ライフステージにあわせ必要な金額・期間を準備
  • 三大疾病特約で所定の状態になると以降の保険料払い込み免除(保障は継続)
  • 非喫煙者は保険料の割引(ノンスモーカー割引特約)

 

ノンスモーカー割引

ノンスモーカー割引は、血圧やBMI値にかかわらず喫煙の有無(1年、一部では2年)だけで保険料が決まります。
喫煙の有無は、告知書と唾液の検査で行われます。
たばこを吸って体内に入ったニコチンは、口の中に1年ほど残留するのでニコチン検査キット(唾液を取るめん棒)で知ることが出来ます。

非喫煙者には、30歳男性の場合で32%の割引があります。

 

保障内容と保険料の目安

以下の保障内容を例にとり保険料の目安を示します。

  • 保険期間:60歳満期(支払い保証期間6年)
  • 保険料払込期間:60歳まで
  • 基準年金月額:15万円(年額180万円)

 

男性の場合

三大疾病特約のあるケースで以下に月額保険料の目安を示します。

  • 30歳:6,060円がノンスモーカー割引だと4,080円(約32.7%割引)
  • 35歳:6,450円がノンスモーカー割引だと4,410円(約31.6%割引)
  • 40歳:6,975円がノンスモーカー割引だと4,725円(約32.3%割引)
  • 45歳:7,515円がノンスモーカー割引だと4,995円(約33.5%割引)
  • 50歳:8,085円がノンスモーカー割引だと5,385円(約33.4%割引)

 

女性の場合

三大疾病特約のあるケースで以下に月額保険料の目安を示します。

  • 30歳:3,930円がノンスモーカー割引だと3,150円(約19.8%割引)
  • 35歳:4,110円がノンスモーカー割引だと3,450円(約16.1%割引)
  • 40歳:4,230円がノンスモーカー割引だと3,630円(約14.2%割引)
  • 45歳:4,335円がノンスモーカー割引だと3,810円(約12.1%割引)
  • 50歳:4,350円がノンスモーカー割引だと3,960円(約9%割引)

 

コラムのまとめ

  • 健康状態で保険料が変わる保険が増えています
  • この保険は非喫煙だけで保険料の割引があります
  • 30歳男性では約32%の割引です(女性は約20%)
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Copyright© いろいろ保険相談比較センター