いろいろ保険相談比較センター > 保険相談に関するお役立ちコラム記事一覧 > ライフステージごとの保険相談 > 働けなくなったときの生活に備えることもできる「医療保険」

働けなくなったときの生活に備えることもできる「医療保険」

働けなくなると収入が減り生活が不安になります。
そこで、働けなくなったときの生活に備える「就業不能保険」が人気です。
働けなくなると以下に示す公的保険(健康保険と年金保険)の保障を受けることが可能になるので、先ずは公的保障に該当するかを考えましょう。

  • 最長1年6ヶ月給与の日額相当額の3分の2を支給される傷病手当金
  • 障害等級1・2・3級に該当すると障害年金

傷病手当金は会社員や公務員などが加入する健康保険が対象です(国民健康保険は対象外です)。
障害年金には、公的年金に加入されている方(20歳以上)全員が対象の障害基礎年金と厚生年金加入者が対象の障害厚生年金があります。
厚生年金加入者は、障害基礎年金と障害厚生年金をあわせて受給でき、障害等級3級も対象です(国民年金は、1級あるいは2級まで)。
40歳以上の方は、公的介護保険の介護サービスを条件がありますが受給可能です。
このように、公的保障がありますが、公的保障だけでは働けなくなったときの生活に不安があり民間の就業不能保険が注目されています(特に国民健康保険加入者)。

以前の記事でチューリッヒ生命「医療・就業不能保険」を働けなくなったときの生活費に備える「就業不能保険」を紹介しました。
チューリッヒ生命は「医療・就業不能保険」として以下の2つの保険を販売しています。

  • 医療保険に加えて就業不能を保障する「終身医療保険プレミアムDX」
  • 就業不能を重点的に保障する「くらすプラス」

前回の記事では、「くらすプラス」を紹介しました。
今回は、「終身医療保険プレミアムDX」を紹介します。

 

「終身医療保険プレミアムDX」

「くらすプラス」保障内容が決まっているパッケージ商品で、「終身医療保険プレミアムDX」は保障内容を自由設計に選択できる商品です。
多くの「就業不能保険」に比べて、どちらの商品も以下の特徴があります。

  • 医療保険と就業不能保険をセット
  • 医療保障は終身

 

人生100歳時代とも言われる長寿時代に、終身の医療保障は非常に重要です。
就業不能保険は、おもに公的年金受給までなどの現役時代が年金を受給する保険期間になります。
終身の医療保険に加えて生活費を保障する就業不能保険(特約)が注目されています。
働けなくなると公的保障も可能になるので、就業不能保険は不足する生活費に備えることができます。

 

「終身医療保険プレミアムDX」の保障内容

「終身医療保険プレミアムDX」の自由設計プランの保障内容を以下に示します。

保障内容 自由設計プラン(選択)
1回の入院支払限度額日数 30・60・120日型
差額ベッド代などに備える入院費 日額5・10・15千円
手術や放射線治療を受けたときの手術費 日額5・10・20万円
7大疾病・ストレス性疾病の入院日数無制限 付加・付加なし
先進医療治療費(通算2千万円)に諸費用(15万円) 付加・付加なし
通院費日額5千円 付加・付加なし
3大疾病の所定の状態になったとき 50・100万円
同上保険料払込免除 付加・付加なし
入院すると一時金 1入院5・10・20万円
所定の就業不能状態や不慮の事故障害年金 月額5万円〜30万円
同上年金支払期間 1・2・3・5・10年
同上保険期間・保険料払込期間 55〜75歳5年ごと満了
医療保障期間 終身

 

保障内容と保険料の例

保障内容と保険料の例を示します。

 

保障内容の例

以下の保障内容の例で保険料の目安を示します。

保障内容 選択例
1回の入院支払限度額日数 120日型
差額ベッド代などに備える入院費 日額5千円
手術や放射線治療を受けたときの手術費 日額5万円
7大疾病・ストレス性疾病の入院日数無制限 付加なし
先進医療治療費(通算2千万円)に諸費用(15万円) 付加
通院費日額5千円 通院費なし
3大疾病の所定の状態になったとき 一時金なし
同上保険料払込免除 付加
入院すると一時金 一時金なし
所定の就業不能状態や不慮の事故障害年金 月額10万円
同上年金支払期間 3年
同上保険期間・保険料払込期間 65歳満了
医療保障期間 終身

 

保険料の目安

上記、保障内容の例で示した月額保険料の目安を以下に示します。

年齢 男性 女性
30歳 3,671円 3,883円
40歳 5,947円 5,454円
50歳 9,226円 8,948円

コラムのまとめ

  • 働けなくなったときの生活に備える就業不能保険が注目されています
  • 公的保障で不足する生活費を就業不能保険で補います
  • 先進医療のついた終身の医療保障とセット加入がオススメです
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Copyright© いろいろ保険相談比較センター