いろいろ保険相談比較センター > 保険相談に関するお役立ちコラム記事一覧 > 保険相談の最新記事 > 高齢でなくても利用できる「公的介護保険」の特定疾病<1>

高齢でなくても利用できる「公的介護保険」の特定疾病<1>

若いうち(65歳未満)は医療保険、高齢(65歳以上)になったら介護保険と考える人は多いと思いますが、若くても介護が望まれるケースもでてきます。
日常生活や仕事で、直接的な介護は必要ないけれども、移動につえなどが必要で移動が不自由な人も多くおられます。
また、治療のリハビリや運動療法は、最長4ヶ月までの制約があり長期間の療養は困難があります。
このような場合に、介護認定を受けることで公的介護保険の介護サービスを受けることが可能になります。
公的介護保険は40歳から加入しますが、年齢により以下に分かれています。

  • 原因よらず介護が必要になると対象となる65歳以上の第1号被保険者
  • 特定疾病による介護が必要になると対象となる45〜65歳未満の第2号被保険者

介護サービスを受けるのは症状が重いと考えがちですが、介護サービスは幅広く介護や介護機器の使用、あるいはリハビリなどを考えたい方は介護認定を受けることをオススメします。
介護認定されるまでに半年ぐらいの時間がかかるので、思い立ったらすぐに自治体の窓口に行き相談してください。
今回は第2号被保険者が介護サービスの受給対象となる特定疾病の一部を説明します。
残りの疾患は、次回に紹介する予定です。

 

公的介護保険

公的介護保険は、40歳になると誰もが加入します。
65歳までは、介護保険料は健康保険に加算されて健康保険料として徴収されるので、介護保険に加入した認識がない方もいると思いますが、40歳になると全員が加入します。

65歳以上の第1号被保険者は介護が必要になると誰でも介護認定を受けることができますが、65歳未満の第2号被保険者は、以下に示す16の特定疾病を原因とする介護に限定されます。

  • がん末期
  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 骨折を伴う骨粗鬆症
  • 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病
  • 脊柱管狭窄症
  • 多系統萎縮症
  • 脳血管疾病
  • 慢性閉塞性肺疾患
  • 関節リウマチ
  • 後縦靭帯骨化症
  • 初老期における認知症
  • 脊髄小脳変性症
  • 早老症
  • 糖尿病性神経障害・腎症・網膜症
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

 

主な疾病の内容

なじみの少ない疾病について、以下に説明します。

 

筋萎縮性側索硬化症(ALS)

筋萎縮性側索硬化症は、筋肉を動かし運動をつかさどる神経の障害で、手足・のど・舌の筋肉や呼吸に必要な筋肉が弱まり、やがては全身の筋肉が動かなくなる症状です。
男性に多く、かかりやすいのは60〜70歳代ですが、若い世代での発症もあります。

 

進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病

パーキンソン病は、脳の異常のために体の動きに障害が現れる病で、以下の症状があります。

  • 安静時の手足の震え
  • 関節がカクカクするような抵抗を感じる筋肉の固縮
  • 歩く速度が遅くなり歩幅も狭くなる動作の緩慢さ
  • バランスがとれない姿勢の反射障害

 

50歳以降に発症しやすいのですが、20〜30歳代で発症する「若年性パーキンソン病」もありますが、その一部は遺伝子の異常が原因であることが知られています。

 

進行性核上性麻痺は、パーキンソン症候群の1つで、脳の神経細胞が減少することで以下の症状が現れる病です。

  • 転びやすさと歩行障害・動作障害
  • 下方を見るのが困難で、進行すると目を動かしにくくなる眼球運動障害
  • 聞き取りにくい話し方の構音障害・飲み込みにくくむせたりする嚥下障害
  • 質問にすぐ言葉がでないで答えるのに時間のかかる軽い認知症

 

大脳皮質基底核変性症は、パーキンソン病の症状と手が思うように使えない、動作がぎこちないなどの大脳皮質症状が同時に見られる病です。
発症は40歳代以降で多くは60歳代で発症し、男性に多い傾向があります。

 

脊柱管狭窄症

脊柱管は、背骨にある脳からの神経が通る管を脊柱管と言います。
脊柱管狭窄症は、骨や靭帯の肥厚、椎間板の突出などで脊柱管が狭くなり、脊髄が圧迫され腰の痛みや脚のしびれなどの症状のある病です。
長く歩くと症状がひどくなり、しばらく休むとまた歩けるようになる「間欠破行」の症状がよく見られます。
加齢により骨や靭帯などが変性して発症することが多く、50歳代以降の高齢者に多く見られます。

 

多系統萎縮症

多系統萎縮症は、脊髄小脳変性症の1つで神経編成が小脳以外にも広がっている病で、以下の種類があります。

  • 小脳の変性により歩行時のふらつきや不規則な歩行になる小脳失調症
  • パーキンソン症状の1つである安静時の手足の震えが見られないパーキンソン症状
  • 排尿障害、消化管機能障害、体温調節障害、呼吸障害などが現れる自立神経障害

 

多系統萎縮症の進行は比較的早く、発症後5年で車イス使用になり、8年で寝たきりになり、その後は死に至るとされます。

 

慢性閉塞性肺疾患

慢性閉塞性肺疾患は、慢性気管支炎や肺気腫と呼ばれてきた病気の総称で、タバコの煙を長期に吸入することで肺の中の気管支に炎症がおきてせきやたんがでたり、気管支が細くなり空気の流れが低下する病です。
歩行時や階段昇降など、身体を動かした時に息切れを感じる労作時呼吸困難や慢性のせきやたんが特徴的な症状です。
40歳以上の人口の8.6%、約530万人の患者がいると推定されています。

 

コラムのまとめ

  • 介護は65歳以降に多いと考えられていますが若年層でも発生します
  • 介護の必要な病は長期間にわたることが多く介護サービスを利用できます
  • 若年層で介護サービスを利用するには原因となる特定疾病が決まっています
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Copyright© いろいろ保険相談比較センター