いろいろ保険相談比較センター > 保険相談に関するお役立ちコラム記事一覧 > 保険相談の最新記事 > 高齢でなくても利用できる「公的介護保険」の特定疾病<2>

高齢でなくても利用できる「公的介護保険」の特定疾病<2>

40歳になると公的介護保険に加入します。
介護保険料は、健康保険料に加算されて支払うので介護保険に加入したことを意識しない方も多いかと思います。
持病や病気・ケガの介護やリハビリに条件(16種の特定疾病により生じる介護)によりますが、介護保険を利用できることがあります。

公的介護保険は40歳から加入しますが、年齢により以下に分かれています。

  • 原因よらず介護が必要になると対象となる65歳以上の第1号被保険者
  • 特定疾病による介護が必要になると対象となる45〜65歳未満の第2号被保険者

介護サービスを受けるのは症状が重いと考えがちですが、介護サービスは幅広く介護や介護機器の使用、あるいはリハビリなどを考えたい方は介護認定を受けることをお勧めします。

40歳〜64歳までの第2号被保険者が介護保険を使うには、16の特定疾病による介護が対象です。 前回は、特定疾病の慢性閉塞性肺疾患まで紹介しました(馴染みのある一部疾病は紹介を省略しています)。 今回は、前回の残りの疾患を紹介します。

 

介護保険の対象となる特定疾病

40歳〜64歳までの第2号被保険者は、以下に示す16の特定疾病を原因とする介護に限定されます。

  • がん末期
  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 骨折を伴う骨粗鬆症
  • 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病
  • 脊柱管狭窄症
  • 多系統萎縮症
  • 脳血管疾病
  • 慢性閉塞性肺疾患(前回ここまで紹介)
  • 関節リウマチ
  • 後縦靭帯骨化症
  • 初老期における認知症
  • 脊髄小脳変性症
  • 早老症
  • 糖尿病性神経障害・腎症・網膜症
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

 

主な疾病の内容

なじみの少ない疾病について、以下に説明します。

 

関節リウマチ

関節リウマチは、間接が炎症を起こし、軟骨や骨が破壊されて間接の機能が損なわれ、時間が経つと関節が変形してしまう病気です。
手足の関節で発症しやすく、腫れや激しい痛みがあり、関節を動かさなくても痛みが生じる特徴があります。

早期に発見して適切な治療を行えば、症状をコントロールして関節破壊の進行を防ぐことができると言われています。
関節リウマチは、30歳〜50歳代の女性に多く発症しますが、60歳以降に発症する方も多くいます。

 

後縦靭帯骨化症

背骨の骨と骨の間は、靭帯で補強されています。
後縦靭帯は、脊髄の前方に位置しており、靭帯が分厚くなって骨のように硬くなってしまうと脊髄が圧迫されて手足のしびれ感や手足の細かい運動がぎこちなくなり、階段の昇り下りが困難になるなどの歩行障害も発症します。
後縦靭帯骨化症は、50歳前後で発症することが多く、男性に多い(女性の2倍)病気です。

 

脊髄小脳変性症

脊髄小脳変性症は、歩行時のふらつきや、手の震え、ろれつが回らない等を症状とする神経の病気です。
主に小脳の後頭部の下側にある脳の一部が病気になったときに症状の総称です。
遺伝性の患者が約3分の1で残りは遺伝性ではありません。

 

早老症

早老症は、老化の兆候が実年齢よりも早く、全身にわたって見られる疾病の総称です。
早老症の1つに、WRNと呼ばれる遺伝子の異常が原因と考えられているウェルナー症候群があり、患者の約6割が日本人で、以前は近親婚の多い地域で見つかってきましたが、最近は近親婚によらない患者も増加しているそうです。

 

閉塞性動脈硬化症

閉塞性動脈硬化症は、手足の血管の動脈硬化により血管が狭くなったり詰まったりして血液の流れが悪くなり、手足に栄養や酸素を十分に送れなくなる病気で手足にさまざまな障害が現れます。
バランスの良い食事と無理のない距離を歩くことで周囲の細かい血管が発達し、血液に流れが改善するので、長い距離を歩くことができるようにもなります。

高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病にかかっている喫煙している中高年の男性に多い病気です。

 

変形性関節症

変形性関節症は、間接の軟骨がすり減ったりして痛みや腫れが起こり、それが続くと間接が変形する病気です。
背骨、股関節、膝の関節に多く発症します。
変形した間接は元に戻せないので、早めに整形外科などで受診し、症状に応じた治療を受けることが必要です。

コラムのまとめ

  • 前回と合わせて第2号被保険者が介護保険を使える特定疾病を紹介しました
  • 紹介した特定疾病も他の病気と同じく早期発見、早期治療が重要です
  • 介護の必要な病は長期間にわたることが多く介護サービスを利用できます
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Copyright© いろいろ保険相談比較センター