いろいろ保険相談比較センター > 保険相談に関するお役立ちコラム記事一覧 > 保険相談の最新記事 > 認知症予防アプリで「楽しめる脳トレ」

認知症予防アプリで「楽しめる脳トレ」

認知症に着目して保険・介護・認知症の仕組みについて紹介しています。
最近の記事では、以下を紹介しています。

認知症の治療方法は現在研究中ですが、生活習慣の改善や脳トレに効果があると世界の研究機関から発表されています。
今回、太陽生命の「認知症予防アプリ」と日本生命の「ニッセイ脳トレ」を紹介します。
太陽生命は、「ひまわり認知症治療保険」を発売しています。
この保険については、高齢者に関心の高い 太陽生命「ひまわり認知症治療保険」で紹介しています。
日本生命は、若年性認知症で働けなくなったときに備える「ニッセイ就業不能保険“もしものときの...生活費”」を発売しています。
この保険については、若年性認知症「生命保険会社の就業不能保険」で取り上げています。

 

太陽生命「認知症予防アプリ」

太陽生命は同社の保険に加入すると無料で利用できるスマホアプリ「認知症予防アプリ」を2018年4月1日に全面的にリニューアルしたと発表がありました。

 

機能

歩行速度は年齢と共に徐々に遅くなっていきますが、急に遅くなると認知症の前段階である「軽度認知障害(MCI)」のリスクが高まることが分かってきています。
このアプリは、歩行速度を継続的に測定して、認知症・軽度認知障害のリスクが予知されると本人と家族や友人(見まもり家族)に通知する機能を持ったアプリです。

 

今回のリニューアル

トップ画面のデザインを一新し、利用者本人と見まわり家族の歩行状況をリアルタイムで同時に確認出来るようにリニューアルされました。
最大10人まで登録できるようになり、一緒に運動習慣の改善を図ることができます。
また、歩数をランキング表示して、全国の人と競争できる機能も追加されています。

 

新規機能「脳トレドリル」

脳を活発に活動させるには、難しい問題をゆっくり解くよりも、簡単な問題を素早く解く方が効果的であることが脳の血流の分析研究から示されています。
このことを参考に「脳トレドリル」が毎日出題され、ゲーム感覚でトレーニングに取組み、楽しく効果的に下記の能力を鍛え、脳機能の活性化を図ることができます。

  • 注意力
  • 発想力
  • 計算力
  • 思考力
  • 空間認識力
  • 言語力
  • 記憶力

ドリルの点数で全国の人と競争できます。

 

日本生命「ニッセイ脳トレ」

日本生命は、2018年3月20日からクラウドベースの音声認識サービス「Amazon Alexa」に対応した認知症対策スキル「ニッセイ脳トレ」を提供します。
認知症予防には、日常的な脳への刺激や生活習慣の改善が有効とされており、多数のコンテンツを利用者が毎日継続仕組みで提供されます。

「ニッセイ脳トレ」は、アマゾンのスマートスピーカー「AmazonEcho」に話しかけるだけで利用でき、日本生命の保険契約者だけでなくEchoを持っていれば誰でも無料で利用できます。

 

特徴

「ニッセイ脳トレ」は、以下に示す特徴を持っています。

  • Echoに話しかけるだけで脳トレに取り組み
  • 1回あたり3分で毎日少しずつコツコツと脳トレに取り組み
  • クイズ形式で楽しく脳トレに取り組み

 

時間を決めて毎日の習慣にするのが長く続きます。

 

脳のトレーニングクイズのイメージ

以下に示すようなクイズが用意されます。

  • 文章を覚え、その文章の関連クイズに答える「文章問題」
  • いろいろなカテゴリの単語を覚え、その単語を使ったクイズに答える「単語問題」
  • 「Amazon Alexa」が再生する音に関連したクイズに答える「音楽問題」
  • いろいろな虫の声に関するクイズに答える「虫の鳴き声問題」
  • これらのクイズに全く関係のない計算問題等に答える「気そらし問題」
  • 日々の食事・睡眠・運動等に関する「生活習慣アドバイス」

コラムのまとめ

  • 急に歩行速度が落ちると認知症のリスクがあります
  • 認知症の予防には生活習慣の改善と脳の活性化が効果的です
  • スマホアプリやスマートスピーカーで楽しく継続できます
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Copyright© いろいろ保険相談比較センター